クイズ形式で楽しみながら知る名前の由来!

オランウータンの名前の由来は?強さが顔に現れる動物の語源!動物園で見られる生物

オランウータンの名前の由来は?強さが顔に現れる動物の語源!動物園で見られる生物

  • オランウータンの名前の由来は?
  • オランウータンと言えば?
  • なぜオランウータンと名付けられた?

オランウータンは動物園でも見る事ができるヒト科の動物です。
木の上で生活しメスよりもオスの方が行動範囲が広く1日に200〜300m移動するそうです。
動物園のオランウータンは行動範囲も限られているので少し可哀想ですね。

オス同士が遭遇すると喉を膨らませ、木の枝を揺らしたり叫び声を上げながら威嚇します。

猿やゴリラに似ていますが顔にも特徴があります。
特にオスは強さが顔に現れるそうです。

オランウータンはどのような名前の由来があるのでしょうか?

オランウータン

オランウータンは頭が良い印象があります。
小枝を使って堅いドリアンの実を開けて、栄養豊富な種を食べるのが確認されています。

オランウータンの詳細

オランウータンの先祖はマレー半島とその周辺に棲んでいたとされています。
毎晩、1頭1頭が新しい巣を作って眠り、古い巣を再利用する事があります。幼い頃は独立するまで母親と一緒の巣で眠ることが多いようです。
食性は雑食で、主にイチジク・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチなどの果実を食べますが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる事があります。

オランウータンの分類

  • スマトラオランウータン
  • ボルネオオランウータン
  • タパヌリオランウータン

スマトラオランウータンとボルネオオランウータンは、遺伝的に異なる点が多いが、飼育下では交雑が可能とされています。

Orang Utan, Semenggok Forest Reserve, Sarawak, Borneo, Malaysia
Eleifert, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

Q:オランウータンの名前の由来は?

三択問題です。次の ❶ ❷ ❸ 答えはどれ?
※名前の由来には諸説・不明確なものも含まれる事をご了承ください。

  1. マレー語で森の怪獣という意味。
  2. マレー語で森の人という意味。
  3. マレー語で森と川の守り神という意味。

▼ A(答え):BOXをタップ!

A:オランウータンの名前の由来

オランウータンはどのような名前・由来があるのでしょうか?

答えは ❷ でした!

オランウータンの名前の由来は?
マレー語で森の人

マレー語の( “orang” = 人 )+( “hutan” = 森 )= 森の人という意味が語源とされています。
元々は海岸部の人が奥地に住む住民を指す語だったがヨーロッパ人によってこの生物を指す語と誤解されたことに由来しています。

オランウータンと言えば?

オランウータンと言えば大きな顔とその特徴。
目の横は平たく張り出しているのも見かけます。

強さが顔に出るオランウータン

オスの顔の両脇にある張り出したものは “Flange” (フランジ)と呼ばれています。
フランジは強いオスを表す象徴になっており、弱いオスは歳を重ねても大きくならないそうです。他の強いオスがいなくなると、フランジの無いオスが急激に大きいフランジになり1年以内にフランジのあるオスに変わってしまいます。
メスがフランジ無い弱いオスと積極的に交尾する例も観察されているそうです。
言い換えれば草食男子が好きなメスも多くいるという事でしょうか?

オランウータンの名前の由来まとめ

オランウータンの顔が個体によって異なるのは強いオスのフランジだったのですね。フランジがないオスはアンフランジと呼ばれるそうです。
強さを見せたり綺麗に見せるのは異性へのアプローチだけでなく同性に対しても効果があります。人間の世界では女性の方が着飾りますが動物はオスの方が華やかなものが多いですね。